ホームへ リフォームいろいろ リフォームの施工例 家相・風水 ペット よくある質問 メールはこちらまで! 株式会社リフォックスのページへ
屋根の仕上げ材が割れてるよ


 
  屋根の仕上げ材が割れる原因にはいくつかの要因が考えられます。
・屋根材に衝撃を与えた
・屋根面に重量物を乗せた
・屋根上を人が歩いた
・寒暖の差が著しい
これらは、やむを得ない場合があり、屋根を補修するしか手段はありません。
少々の割れ(もしくは欠け・キズ)であれば日曜大工で防水材等で直すことは出来ますが、大がかりになれば専門職にまかすのが良いでしょう。
考えられる原因
日本瓦・洋瓦スレート瓦葺き ・何らかの衝撃が加わった 継続的な力(クーラー室外機や温水ソーラー等)が作用して瓦が割れたのであれば、その力を分散させてやることが必要です。
・風化的に自然に割れた やむを得ないことです。部分的な葺き替えも可能であるので専門業者に相談するとよいでしょう
金属板葺き ・何らかの衝撃が加わった 継続的な力(クーラー室外機や温水ソーラー等)が作用して瓦が割れたのであれば、その力を分散させてやることが必要です。
・風化的に自然に割れた 部分的な葺き替えは原則的に不可能であるので、全面的に葺き替えなければななりません。
防水材葺き ・何らかの衝撃が加わった 継続的な力(クーラー室外機や温水ソーラー等)が作用して瓦が割れたのであれば、その力を分散させてやることが必要です。
・風化的に自然に割れた 部分的な補修は可能ですが、古いものであれば他の部分からの不具合が頻繁に生じることになる可能性があります。
(ただし防水材は10年保証が原則であるので保証期間の確認が必要です。)
 

Since (C)2002 refocs co.,ltd, All rights reserved.